『もしドラ』を読んでも金は生まれない『一生かかっても知り得ない 年収1億円人生計画』

『一生かかっても知り得ない 年収1億円思考』の著者、江上治さんの待望の2作目。
b0207972_21384394.jpg

前作は賛否両論、ケンケンゴーゴー、すったもんだが渦巻きながらの15万部という、江上さんオハコのケンカマーケティングが炸裂でしたが、今回も「常識人(あまちゃん)には分からない「基準値」を超える1冊」という帯にふさわしい内容です。

ページを開けてすぐ「ラクじゃない自由か、ラクな奴隷か」と、読み手の覚悟を問われます。でもここがぼんやりしていては1億円稼ぐのなんて夢のまた夢。その後、第一次人生計画から第三次人生計画まで順を追って1億円への計画が明らかになってきます。

第一次人生計画では0歳から社会に出るまで。子ども時代の環境で「稼ぐ人」「稼げない人」の基準値が決まるとのことですが、ダメだと諦めるのはまだ早い。問題はいかに奴隷から脱するかであって、そのヒントは「自分の過去」にある、と江上さんは言います。

そして、第二次人生計画で過去の棚卸しから自分の強みで稼ぐ方法、第三次人生計画でいよいよ1億円への「人生計画書」の作り方を説明しています。

私が刺さったのは「道ばたで100円玉を拾ったら、何に使うか?」の問いについて。いま、手もとにある100円を自分だったらどう使うか。アタマで理屈がわかっていても、即答できないようではまだまだ奴隷的行動がしみついているのね…。ははは…。

今の時代、ここまで「稼ぐ」とは何かをみっちり教えてくれる愛にあふれた先輩はそういませんよ。

毒にも薬にも、という言葉がありますが、この本は人によっては劇薬レベル。本気で稼ぎたいと覚悟を決めた人のみ、オススメいたします。

追記:著者の江上さんが前作『一生かかっても知り得ない 年収1億円思考』と合せ、シリーズ累計20万部突破記念で「出版記念だけど買おうが買うまいがプレゼント」キャンペーン中です。

追記の追記:2012年8月23日(木) 19:15~ 東京渋谷にて第2回「年収1億円人生計画基礎講座」開催決定!自分の人生計画も作ってみましょう。

[PR]
by mitchyPR | 2012-04-24 21:42 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子