お悩み解決のヒントがここにある『行列のできる弁護士が教える、男と女のトラブル相談室』

献本御礼。

角川書店から『行列のできる弁護士が教える、男と女のトラブル相談室』(角川書店)をお送りいただきました。
ありがとうございます!
b0207972_2133490.jpg

先日、有隣堂 グランデュオ蒲田店に行ったらどーん!とこの本がいい場所に面陳しておりました。著者の大渕さんは美人ですもん、そりゃ前に出しますわ…。

さらに「行列ができる~」のタイトル通り、日本テレビ系列で毎週日曜日に放送されている「行列のできる法律相談所」に大渕さんは史上最強の弁護士軍団としてご出演中。テレビで活躍する弁護士といえば「世界まるごとHOWマッチ」のケント・ギルバートだった頃とは隔世の感です。(ちなみにメガネを前後に動かして目を大きく見せる人とは違います)

本の内容は結婚、離婚、ストーカー・DV、セクハラ・パワハラの事例がアドバイスとともに取り上げられ、最後の2章は大渕さんご自身のことを書かれています。

正直なところ、弁護士さんにお願いするのってこんなことでもいいんですか!?という、いい意味で拍子抜け。いや、事態が悪化したり手遅れになる前に、早め早めで相談したほうがいいんだ、と気付かされました。

そういえば、2012年6月11日放送のWBSの特集は「急増「弁護士」生き残り策は」でしたね。「司法修習生の苦境を描くとともに、改革当初の理想どおりに弁護士を社会に浸透させるためにどうすればよいかを探る。」という内容で、まだまだ一般市民にとって弁護士は特別な人。

でも、もし、悩みごとを抱えている人がいたら、この本をのぞいてみてください。こういうことで相談していいんだーって、ちょっと安心するかも。

人と人のトラブルはいつの世も尽きませんが、この本をきっかけに問題が解決できますように…。
[PR]
by mitchyPR | 2012-06-25 02:19 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子