サービス業で成功するための技術とは『ファーストクラスで学んだひとつ上のおもてなし』

献本御礼。

編集の萩原貞臣さんから『ファーストクラスで学んだひとつ上のおもてなし』(祥伝社)をお送りいただきました。ありがとうございます!
b0207972_15413960.jpg

近頃、JAL再上場のニュースが話題ですが、航空業界復調の兆しかJALもANAも客室乗務員の募集を行なっているようです。既卒受験のエントリーも始まるので、キャビンアテンダント(以下CA)希望の方は今がチャンスみたいですよ。(エアライン就職支援「ストラッセ東京」主宰 古澤有可さん情報)

そしてビジネス書でCAといえばこの方、美月あきこさんです。実際にお会いしたことはないのですが、お美しい方なのでどの媒体でもよくお見かけします。最新刊『ファーストクラスで学んだひとつ上のおもてなし』が出版され、『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』はいよいよシリーズ累計で15万部だそうです。

私はファーストクラスに乗ったことが無いのでまるで未知なる領域なのですが、この本を読むとCAが何を考えながらお客様と接しているのかが手に取るようにわかります。

面白かったのは「サービス」と「ホスピタリティ」と「おもてなし」の違いについて。

「サービス」は顧客との約束で期待に応えるもの、「ホスピタリティ」は困りごとをやさしい気持ちで解決していくもの、「おもてなし」は禅の精神につながる日本人ならではの感性の表れでマニュアルでは対応できないもの、だそうです。B to Cのお仕事に就かれている方は参考になるかと思います。

飛行機の小ネタも満載ですので、この本を読んでから旅に、出張に行かれると楽しさが増えるかもしれませんね。
[PR]
by mitchyPR | 2012-08-03 15:30 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子