殻を破れ!『ビジネススキル・イノベーション』

何はともあれ、この本をご紹介せねばなるまい!

情熱大陸にも紹介された、改善士・横田尚哉さんの新刊『ビジネススキル・イノベーション』です。

雑誌『プレジデント』の副編集長かつ書籍編集長の大内祐子さんが編集をご担当。本のデザインを生かしたA5サイズのクリアファイルもお送りいただきました。ありがとうございます。かっこいい!
b0207972_12002.jpg

大内さんは特集「1億稼ぐ人の勉強法」「一億稼ぐ人の時間術」「1億稼ぐ人の話し方」のシリーズ3部作で大ヒットを飛ばしている名編集者。その骨太な編集スタイルに横田さんの重量級のコンテンツがマッチし、火花が散りそうに熱いビジネス書になっています。

もうスキル本はお腹いっぱいだよ…と思っている人ほどオススメ。本を読み終わった後はプロローグ冒頭の「あなたが身につけたビジネススキルは、本当に仕事に役だっていますか。」の一文が、また違った意味を持って問いかけてくるはずです。

ファンクショナル・アプローチで「何のため、誰のため」を突き詰めてきた横田さんがたどり着いた「時間」「思考」「直感」の67のスキル。そしてその根底に流れる本質的なものの考え方や価値観が本当に感じ取って欲しいところ。

いまや「人員削減」で検索すると、NECやシャープなどの国内企業はもとより、NokiaやCisco、米Yahoo!までが数千人規模での人員削減をするとのニュースが出てきます。大企業だから大丈夫、なんていうのはもはや世界レベルで過去の幻想。

閉塞感に覆われたこんな世の中だからこそ、明るく活発な社会を取り戻すために一人一人が自分の中でイノベーションを起こす必要がある、と横田さんは言います。そうですね。まず自分が変わらないと!

横田さんはプレジデント・オンラインでも情報発信されるそうなので、そちらもチェックしてみてくださいね。
[PR]
by mitchyPR | 2012-09-08 09:48 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子