努力ってなんなんだろうか。と、聞かれて説明できる?『努力論』

調べものをしていて偶然出会った、幸田露伴の『努力論』 (岩波文庫)を読んでみました。
b0207972_11284979.jpg

難しそうな本も読むんだゾ☆

作家でドイツ文学者で評論家の中野孝次さんの解説によると「『努力論』と名付けられた露伴のこの著書は、そのことをさらに徹底して人生の明暗、幸不幸をいろんな角度から研究し、どうやったら明るく伸びやかな気分をもって、勢いよくのびやかに生きられるか、を論じている。」のです。

と解説で述べ、さらに

「露伴がわざわざこんな問題について書いたのは、彼がこれを著した明治末、大正のはじめのころ、事業の不成功とか失業とか、志を遂げないとか貧困とか、さまざまな外的要因のゆえにみずからを不幸と思い込み、悩み、苦しみ、陰惨な思いに沈んでいる人があまりに多く、それを見かねたからだという。」

と、なぜこの本が書かれたのかを説明しています。

これが世に出た当時(明治43年、1910年)は、日露戦争(1904-1905年)の戦後不況あり、アメリカ発の金融恐慌(1907年)ありで、明るい未来が見えず、現在と経済的な環境が似ていたのでは?と思います。(経済に詳しくなくてゴメンね!)

内容は「露伴がいま生きていたら、ビジネス書のミリオンセラー著者になれたかも…。」と思うくらい名言が詰まっています。

「比較的狭い範囲内において志を立てて最高位を得んと欲したならば、平凡の人でも知らず識らず世に対して深大なる貢献をなし得るであろう。」

とか

「各自の性格に適応するものの最高級を志望したならば、その人は必らずその人としての最高才能を発揮して、大なり小なり世の中に貢献し得るであろう。」

のあたりなんかは、これって自己PRとか、セルフブランディングとか、自分の強みを作るとかのこと?って感じで今の自己啓発書となんら変わりはありません。

「自己の革新」という一番最初の章では

(誰かのもとで学ぶときは)「自分の生賢しい智慧やなんぞを出したり、自己のために小利益を私せんとする意を起こしたりなんぞしてはならぬのである。」

とバッサリ。

さらに、「自らを新にする第一の工夫は、新にせねばならぬと信ずるところの旧いものを一刀の下に斬って捨てて、余孽(よげつ:切り株に生じる芽)を存せしめざることである。」

と、さらにダメ押し。

ビジネス書的なエッセンスは「初刊自序」から「凡庸の資質と卓絶せる事功」に凝縮されているのでこの約100ページ分を真剣に読み込み、あとはさらっと流し読みでもいいと思います。

人の心理というものは100年たっても変わらないようですね。(じゃないと学問が成り立たないか!)薄っぺらい自己啓発書に辟易してるあなた!これ、かなりオススメですよ。
[PR]
by mitchyPR | 2012-10-24 20:50 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子