自分をマーケティングするという発想『最速で結果を出す人の「戦略的」時間術』

献本御礼。

マーケティング エヴァンジェリストの理央周(りおう・めぐる)さんから『最速で結果を出す人の「戦略的」時間術』(PHP研究所)をいただきました。ありがとうございます!
b0207972_14115517.jpg

理央さんは、私が以前勤めていたエリエス・ブック・コンサルティングの代表、土井英司さんと一時期アマゾンで一緒に働いていたそうです。

理央さんはマーケティング部門のシニア・マネージャーで、土井さんは別部門にいたから一緒に仕事をすることはなかったそうですが「当時から彼は目立っていたよ」とのこと。なんとなく納得。

本の帯には「土日や深夜に仕事を持ち越しのはもうやめよう!」の文字。…はい、私、よくやっていました。その下には「外資・国内11社で結果を出してきた男の最強ノウハウ」のこれまた頼もしい文言が。

とは言っても「「結果を出さねば生き残れない」と悲壮な覚悟を持つのではなく、「結果を出せば仕事は、そして人生は楽しくなる」という前向きな気持で、ぜひ本書を参考にしていただきたい。」とのこと。

前著『サボる時間術』(日本経済新聞出版社)の実践編にあたるそうなので、ご興味が湧いた方はぜひ合わせて読んでみて下さい。

この本は、あまりに仕事が忙しすぎて自分はよっぽど要領が悪いんじゃないだろうかと自信を無くしかけている人にぜひ読んで欲しい。マーケティングの考え方と手法を使って、限りある時間をどう使うべきかが盛り沢山に紹介されています。

でもこれ、さっきも言いましたが実践編ですからね。書いてあることを実践しないと人生は楽しくなりませんよ!

なーんて、大丈夫。ぐうたらな私のような人にも優しく、テーマごとにやるべきことを【POINT】として示してくれています。うん、わかりやすい!
b0207972_14223141.jpg


サインを書いて頂いたのですが、一緒に頂いた言葉は「継学行果」。継続して学び行動することで結果を出す、とのこと。
http://ameblo.jp/businessjin/entry-11310321490.html
b0207972_14124762.jpg

よいお言葉をありがとうございました!
[PR]
by mitchyPR | 2013-01-12 01:35 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子