日経プレスリリースの送付先

広報とかPRをしていたら「日経のプレスリリースのサイトがあるからうちのリリースも載せて!」と上司やクライアントから言われたことがあるかもしれません。

日経 プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/index.cfm

しかしこのサイト、どこに申し込んでいいのか非常にわかりづらい。Q&Aもあるのですが、そもそもどこにリリースを送ればいいのか書いてありません。
http://release.nikkei.co.jp/qa.cfm

問い合わせボタンを押すと、いきなりメーラーが立ち上がるし、Google先生で調べてみても、何が正しい情報なのかよく分からない…。

と、いうことでミッチーが実務で得たことを書いちゃうぞ!

■日経プレスリリースの掲載条件

・掲載対象企業は、過去に日経の紙媒体に記事の掲載実績がある企業
(紙媒体とは基本的に下記の4紙
 ・日経新聞
 ・日経産業新聞
 ・日経ヴェリタス(旧 日経金融新聞)
 ・日経MJ
日経BP社はグループ会社なのでノーカウント。例えば『日経ビジネス』で掲載された企業も対象外)

・内容は主に新製品、新サービス、新技術、開発、提携・合併
(財務・人事関係、キャンペーン、セミナー、フォーラム、イベント、受賞などは現時点(2013年)では対象外)

・送り先は立ち上がったメーラーの宛先でOK

・リリース掲載の採否は日経プレスリリースで判断

・速報性を重視、当日付リリースを原文のまま掲載

ということです。

つまり日経新聞に掲載されたことがある企業はこれを使わない手はない、ということですね。

まだ掲載されたことが無い企業は日経取材されるよう、情報発信を継続的にがんばっていきましょう!


2017.5追記
電子版のリリースの送り先が掲載されていました!
企業の広報担当者です。電子版にプレスリリースを掲載したいのですが、どうすればよいですか

よろしければご参考まで。




山見式PR法~メディアが取り上げたくなる5つの切り口
山見 博康
翔泳社
売り上げランキング: 199,213

[PR]
by mitchyPR | 2013-07-17 15:55 | イベントのこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子