人生を変える手帳の哲学『一生かかっても知り得ない 年収1億円手帳』

9月の発売と聞いていたので油断していたら、新宿のブックファーストの新刊コーナーにあったので『一生かかっても知り得ない 年収1億円手帳』を買ってきました。

「手帳」を出すと伺っていたので、私はものすごく勘違いをしていたんだけど、これはいわゆるスケジュール帳ではありません。「手帳の使い方」と「手帳の哲学」が書かれた書籍です。

一生かかっても知り得ない 年収1億円手帳

富裕層専門のファイナンシャルプランナーである著者の江上治さんが、年収1億円以上のクライアントは手帳に何を書いているかを徹底調査。さらに美容室「アース」の國分利治社長が手帳をどのように活用してキャリアを積み重ねていったかが書いてあります。

行動を「管理」する手帳ではなく、自分の「人生の選択」の道具であり、「夢と目的を実現する」武器。

稼ぐ人はこう言えるほど手帳を使いこなしています。予定を管理するだけではまだまだ手帳を使っているとはいえませんね。

10月は各雑誌が手帳特集を発売しますが、この本を読んでおけばどれを使うか迷うことは無さそうです。

おまけ
『GOETHE』(10月号)の特集に國分社長のセレブな邸宅が!WEB GOETHEからも読めます。
「いつかは住みたい、夢の邸宅」
http://goethe.nikkei.co.jp/living/120924/
GOETHE (ゲーテ) 2013年 10月号 [雑誌]


一生かかっても知り得ない 年収1億円手帳
江上 治
経済界
売り上げランキング: 209

[PR]
by mitchyPR | 2013-08-27 15:36 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子