確定申告の1時間前に見直すだけで「ソン」せず「トク」する本

今日は黙々と確定申告の資料を揃えていました。

私は個人事業主なので青色申告をしています。というか税務署に開業届を提出しに行ったら「青色申告でいいですね?」と流れ作業で青色申告になりました。

元OLなので伝票処理は苦ではないのですが、簿記は苦手なので税理士さんにお任せしています。(大学のゼミは財務会計だったのに…)

ソノリテ会でペーパーレス化の勉強をしたとた時に教えてもらったのですが、最近は、全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」が便利らしいですね。よく分からなくても会計帳簿が直感的に作れるのは素晴らしいわ。ビバクラウド!

とは言っても、伝票処理していると「あれ?」とか「これはこうした方がいいのか、悪いのか?」と判断に悩む時があり、そんな時は『【新版】フリーランス、個人事業、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。』を開いて確認しています。

【新版】フリーランス、個人事業、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。

「申告1時間前に見直すだけでも役に立つような教科書」という著者の岩松正記さんの思いが詰まった1冊なので、この時期、ほんと手放せない。

いかに「ソン」しないで「トク」するか、こういうのはプロに聞かないと分からないものです。

もうすぐ岩松さんの『誰からも「取引したい」と言われる会社の条件』という本も出版されるのでこちらも読んでみようと思います。

税理士さんのいう「誰からも「取引したい」と言われる会社」ってなんなんでしょう。うちはどうなのかなあ。いや、その前に法人化しないと。。。

バレンタインの2/14に発売なので楽しみに待っていよう!

誰からも「取引したい」と言われる会社の条件
岩松 正記
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
売り上げランキング: 12,583

[PR]
by mitchyPR | 2014-02-10 18:46 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子