「探す」のではない。「考える」。『新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価されるトヨタのPDCA』

著者の原マサヒコさんに『新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価されるトヨタのPDCA』をご献本をいただきました。ありがとうございます!

『新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価されるトヨタのPDCA』

原さんの原点?に戻ったようなイラスト系の表紙なんですが、この主人公のひなたちゃんが私の同級生に似ているのよね…

タイトルは「トヨタのPDCA」ですが、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Action(改善)は本当にどの会社に行っても、どの職種についても必要な知識です。

ISO 9000やISO 14000の国際的なマネジメントシステムにも使われているし、広報・PRの仕事ももちろん「PDCA」で考えます。

それくらい基本中の基本の話なので、よく聞くけどPDCAサイクルって実はよく分からない…とか、4月に入社したもののそんなの教えてもらってなーい!という人は読むのを推奨。

PDCAをベースに、会社に入れば誰もが必ずぶち当たるであろういろいろな問題とその解決方法が書いてあるし(さすが原さん現役サラリーマン!場面場面が生々しい(笑))、最初の数ページはマンガ、あとは時々ゲーム要素が入ったストーリー形式のビジネス書なので読みやすいですよ。

このPDCAサイクルをまわすには組織全体が情報を還流しないとうまく行かないのですが、最初のひなたちゃんは情報を受け取るのも出すのも全然ダメ。

でも先輩や上司、同僚たちに助けられながらだんだんと成長していきます。ほんと素直ないい子やで。

そうそう、会社で怒られまくっているあなたはぜひ「DO」の項目を読んでみて。

これを読めば何で怒られたのか、これからどうしたらいいかの、大きなヒントになるはずです。(「怒られたらサンキュー」(P72)で、がんばってね!)



新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価されるトヨタのPDCA
原 マサヒコ
あさ出版
売り上げランキング: 8,007

[PR]
by mitchyPR | 2014-05-24 00:41 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子