夜にしっとり読みたい『迷子の星座たち』

祥伝社の萩原さんから「後輩が作りました」と『迷子の星座たち』をご献本をいただきました。ありがとうございます。




か、かわいいイラスト!

…と思ったら、イラストレーターは坂崎千春さん。Suicaペンギンや「カクカク・シカジカ」の方です。

読切小説誌の「Feel Love (フィールラブ)」に掲載されていたものと、webに公開されているものと、書きおろしも2本。

十二星座の12人の女の子たちが、恋に仕事に自分のことに、それぞれ悩む日常のストーリーがマンガとエッセイで書かれてます。

失恋して落ち込んだり、恋の芽生えを感じてドキドキしたり、好きな男子にたいしてまるでストーカーみたいになってみたり、刺しゅうをすることにときめいてみたり。

ああ、なんかこういう気持ちって20代のころは毎日感じていた(ような気がする)のにすっかり忘れていたぞ…。

女の子なら多少なりとも星占いに興味があると思うので、自分の星座を見たり、身近な人を思って「あるある」と納得してみたり、あの人はこんなところがあるから何座かなあ…などと思いを巡らすのもまたよし。

すぐ読み終わってしまうけど、でも手元に置いて何度も繰り返して読んでしまうキュートな本です。

私はハムスターのハムリン(いて座?)がいちばん似ていたかな。



迷子の星座たち
迷子の星座たち
posted with amazlet at 14.07.24
坂崎千春
祥伝社
売り上げランキング: 129,882

[PR]
by mitchyPR | 2014-07-24 09:27 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子