ブログからお仕事がくるのはあながち都市伝説でもないらしい

いつもは情報を送り出す側なのに、今回は珍しく情報を受ける側、というか探す側の立場になってみました。

これはある条件を満たす専門家を探すためだったのですが、どんなキーワードで検索してたかというと

・ソムリエ
・王子
・アンバサダー
・エバンジェリスト
・マイスター
・職人

など。

・コーディネーター
・アドバイザー
・エキスパート
・インストラクター

気のせいかこれらの肩書は、どうも専門性を感じさせないので検索から外しました。(私個人の主観によるものなんだけれど、どうしてなんだろう?? あ、スポーツインストラクターは除く、です。)

あと大事なのがブログかFacebookをやっていること。

私は更新頻度と過去からのクオリティを見てます。あと単純に今もその第一線にいるかどうか。

それから写真も大事!

見る側のことを考えた写真になっているかどうか。さらに言えば、色や光が美しいとか、構図が決まっているとか、華があるとか無いとか、キリがないんだけどね。

さらにさらに、最も大事なのが連絡先が明記されていること!

Facebookだったらメッセージを送っちゃえばいいんだけど、ブログは探しても連絡先がない人がいます。もしかしたら匿名でやりたいのかもしれないんだけど、ちょっともったいないですね。

ブログを書いていたらお仕事の声がかかった!というのはあながち都市伝説でもないなあ、と、声をかけた側から思ってみた一日でした。


好き⇔お金 ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法 (中経出版)
KADOKAWA / 中経出版 (2014-07-01)
売り上げランキング: 2,717

[PR]
by mitchyPR | 2014-10-07 01:05 | くだらないこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子