共働き、共家事時代の家事本『家事の捨て方 「まかせて」「シェア」して毎日がもっと輝く』

大澤和美さんの新刊『家事の捨て方 「まかせて」「シェア」して毎日がもっと輝く』をCCCメディアハウス さんからご献本頂きました。ありがとうございます!

家事の捨て方 「まかせて」「シェア」して毎日がもっと輝く

まず、この本はとても読み手を選ぶ本であることを最初に申し上げておきます。

どんなにお金持ちでも家庭が円満じゃない人や、パートナーのいない独身の人が読んでも役に立ちません。

なぜなら「家事を捨てる」のではなく、家族という組織で家事の問題解決をはかる、とかプロジェクトの遂行と言ったほうが正しく、無駄を無くし、一人で家事(仕事)を抱え込まない、という内容だからです。

大澤さんは振り切った左脳タイプなので、とにかく家事でも理路整然。

例えば料理。

7つの食品群×5つの調理法×5つの基本味付け+α、というように分類し、これらを組み合わせます。

掃除用の洗剤も、重曹、クエン酸、エタノール、漂白剤の4つのみ。収納スペースも最小限でお財布にも優しいのでいいことづくめ。

家事スケジュールはtodoで管理。徹底的に合理化です。

こうしたことを踏まえ、家族とゴールイメージを共有し、お互いをフォローしながら家事をする。

共働き、共家事、その上でどうする!?といったノウハウは、男性も当たり前に家事をする時代だからこそ、なんでしょうね。

これまでの家事本は物足りない奥さまは読むべし、です。



家事の捨て方 「まかせて」「シェア」して毎日がもっと輝く
大澤和美
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 72,301

[PR]
by mitchyPR | 2014-12-15 09:11 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子