時には塩対応でもいいんです!『めんどうな人を サラリとかわし テキトーにつき合う 55の方法』

石井 琢磨さんの新刊『めんどうな人を サラリとかわし テキトーにつき合う 55の方法』を総合法令出版さんからご献本頂きました。ありがとうございます!

めんどうな人を サラリとかわし テキトーにつき合う 55の方法

人間、生きていればどうしても「めんどうな人」と遭遇するわけで。

でもそんなにマジメに苦しまなくたってテキトーに付き合えばいいんじゃない?という素晴しい提案をしてくれるのがこの本。

もちろん、テキトーな人がテキトーなことを言っているわけではなく、著者は弁護士。しかも消費者問題、借金問題、交通事故などを中心に、トラブルを抱えた弱者側に立ち続けた弁護活動を続けている弁護士なのです。

だから「世にはびこる面倒なシーンを集め、ありがちな反応と、その場をもっとうまくやり過ごせる反応を紹介したものだ。」というのは身近で誰にでも「あるある」な話であるし、本当に今すぐ使えるテクニックばかり。

読んでいくうちに、自分がなんで「めんどう」にはまってしまうのか考え方のパターンとか傾向が分かって面白い。

最近、私のまわりで少しだけ「めんどう」なことがあったので、書いてある通り試してみたらあっさり相手が引き下がって拍子抜け。

私が「フツー」と思って言ったことは実は頭を突っ込みすぎていて、こんな塩対応で大丈夫?逆に相手を怒らせるんじゃない??くらいがベスト対応だったみたいです。

本書ではシーンごとに「フツーの人、上級者、達人」それぞれの解答と回答に至るまでの考え方の道すじ、そしてまとめが1行書いてあります。弁護士である著者ならではの、感情とロジックを絶妙にミックスした百戦錬磨の対処法はさすがって感じ。

思考のパターンは無意識レベルでやっているからなかなか自分では気づかないけど、上記のそれぞれの回答といつもの自分を比べて「ああ、そうやって考えるんだ」という発見がいちいち超面白い。

ことばひとつで人間関係のストレスを減らせるんだから、びっくりしますよ。まじで。


めんどうな人を サラリとかわし テキトーにつき合う 55の方法
石井 琢磨
総合法令出版
売り上げランキング: 66,713

[PR]
by mitchyPR | 2015-01-28 15:41 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子