カテゴリ:本のこと( 93 )

鎌田洋さんといえば言わずと知れた『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』の著者さんです。

これまでも「ディズニー そうじの神様シリーズ」は、小中学校の副読本に選ばれるなど子どもたちにも広く読まれていたのですが、今回は河出書房新社の「14歳の世渡り術」シリーズから『真夜中のディズニーで考えた働く幸せ』の出版です。

真夜中のディズニーで考えた働く幸せ (14歳の世渡り術)

編集さん?の紹介文です。パティシエになりたいと言ったら親と喧嘩になり、作ったお菓子を棄てられたくだりで私が泣いた。

新刊出ます!(2014.09.21)
http://mag.kawade.co.jp/yowatari14/

本は語りかけるようなストーリー形式。

私は子どもの頃、子どものための本というのが大嫌いで、そうした本の読書感想文を書くときは「子どもっぽい感動ポイントを感情1.2倍増しで書いておけばいいだろう…」と作業的にこなしていたものです。(イヤな子だな!)

でも、この「14歳の世渡り術」シリーズは違う。果たして本当に子供向けなのかという書き手のラインナップとコンテンツ。

子どもはもちろんのこと、むしろ大人の方が人生を深く考えるレベル。

編集さんの紹介の

「すでに将来の夢がある人も、今んとこ特にないなーというかつての私みたいな人も、ぜひこの本を読んでみてください。心の奥底に、じわじわっと何か熱いものを感じることができると思います。」

と、

鎌田さんの
「強い想いがあっても、人は常に葛藤している。そんなに恰好いい人生なんてないんだ」

が全てを語っています。

勉強とか仕事とか人生とか、なんかモヤモヤしている時に読んで欲しいです。きっと自分の気持ちがわかる手がかりが見つかると思います。



真夜中のディズニーで考えた働く幸せ (14歳の世渡り術)
鎌田 洋
河出書房新社
売り上げランキング: 15,921

[PR]
by mitchyPR | 2014-09-30 18:48 | 本のこと

「福島美味ブランドプロジェクト」のアートディレクターであり、デザインを言葉で語れる数少ないデザイナーであるウジトモコさんが新刊『視覚マーケティング戦略』を出版されました。

ウジさんから「どちらかというと『デザインが苦手な人向け』の本ですが、ひとりでも多くの方に手にとって頂ければと思いお送りいたします!」のコメントが。

問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略

ご献本ありがとうございます!

この本は「左脳から右脳」へ思考をシフトしていくことで問題解決に挑もうという内容です。つまり視覚で考える問題解決です。

商品力・サービス力をあげたい、売上をあげたい、顧客満足度をあげたい、人をうごかしたい…。

どれも難易度の高いミッションですが、ウジさんは「既存のやり方で解決できない問題には、デザインという新しい視点から物事を見て、新しいやり方で壁を乗り越えていくしかありません。」と言います。

確かにこれまで問題解決のために「デザイン」を使って考えたことは無かったかも!

事例も「ディズニーツムツム」「スタバとBLUE BOTTLE COFFEE」「2016年のリオデジャネイロオリンピックのロゴ」など、最新の情報がたくさん入っていて、あれってそういうことだったのか!と気付かされて感心したり、へーと思ったり。。

また、某ビジネス誌の副編集長に紹介したところ、「伝わりやすい資料のレイアウト」と「カラーの配色センスを身につける」の章に興味を持って頂けました。伝える技術としても即戦力になるコンテンツということですね。

手元に置いて何度も繰り返して読みたい本です。



問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略
ウジトモコ
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
売り上げランキング: 1,028

[PR]
by mitchyPR | 2014-09-30 01:11 | 本のこと

江上治さんの新刊『1000円ゲーム 』です。

1000円ゲーム —5分で人生が変わる「伝説の営業法」

どう紹介しようか悩んだのですが……ビジネス書として読まないでください!

そもそもこの本は営業マン向けの本だし、営業すっごい頑張っているのに全然売れないとか、一回だけ受注したけどそれで終わりというパターンが多いとか、そんな人にはもちろんオススメ。

でも、ビジネス書ではなく敢えて小説として読んで欲しいのです。

著者の江上さんはこの本を全くのフィクションではなく、実在の人物をモデルに配置して書いています。最後まで読むと…。これは構成が上手い!

タイトルの1000円ゲームとは下記のルールで行われます。

千円を貰えるかどうかを競うゲームです。
2人1組で向き合い、どちらかが千円を出します。
千円を出していない一方の人は、
千円以上の「価値ある情報」を提供して、
その千円を手に入れてください。
制限時間は5分です。

タネ明かしをしてしまえばなんだー、となりますが、初めてやるときはめっちゃ焦るはず。

もちろんこの本は1000円。

これを読んで1000円以上の価値があると思ったら買ってくださいね。



1000円ゲーム —5分で人生が変わる「伝説の営業法」
江上 治
経済界
売り上げランキング: 1,001

[PR]
by mitchyPR | 2014-09-27 01:21 | 本のこと

“博多の歴女”で結婚コンサルタントの白駒妃登美さんの新刊『愛されたい! なら日本史に聞こう』を祥伝社さんからご献本頂きました。
ありがとうございます!

愛されたい!  なら日本史に聞こう――先人に学ぶ「賢者の選択」

取り上げた人物は、白駒さんが講演で訪れた際に、土地の歴史館や資料館に行ったり、地元の方たちとコミュニケーションを取りながら調べたとのこと。

白駒さんのご取材から、それぞれの人物の生活ぶりや人柄、そして「人に愛される秘密」がいきいきと伝わってきます。

「愛されたい!」とタイトルに入っていたので、異性間のモテ話が多いのかと思ったらわりとそうでもなく。

画僧・月僊(げっせん)が自らの画料を寂照寺再興や地元民救済の資金源にしていたという不可解で実は「粋」だった話、谷中の笠森稲荷前の茶店の娘・お仙がなぜ江戸三大美女のひとりとして数えられるようになったのか、など恋愛の「モテ」ではなく、社会的な「モテ」のストーリーのほうが印象的でした。

つまり、大きな仕事を為すために、仕事でもプライベートでも、豊かな人間関係を築いていこうということですね。

白駒さんはそのための選択をすることを賢者の選択といい、歴史上の人物たちからそれを学ぼうということで「先人に学ぶ「賢者の選択」」というサブタイトルをつけられたそうです。

選択をするのは自分。つまり自主性をもって行動することで人生も変わるよ、ということでしょう。

最終章には白駒さんが歴史上の人物を研究して見つけた「幸せな結婚のためのヒント」が書かれています。

必要な人はぜひ。そうでない人もぜひぜひ。

あと、本を購入してバーコードの番号を入れると白駒さんのとりおろし「歴史講座」がダウンロードできますよ。
http://www.shodensha.co.jp/nihonshi2/



愛されたい!  なら日本史に聞こう――先人に学ぶ「賢者の選択」
白駒 妃登美
祥伝社
売り上げランキング: 711

[PR]
by mitchyPR | 2014-09-11 14:20 | 本のこと

企画協力(あとPR)をお手伝いさせて頂いた本が講談社から出ました。

『朝5秒の鏡の魔法 その無難な服では稼げません!』

朝5秒の鏡の魔法 その無難な服では稼げません!

いわゆるトレンドに乗ったセンスがよくてオシャレでカワイイ服を紹介する本ではありません。もし、そういうのを期待していたらあまりにベーシックな服ばかりなので驚くかも。

これは「女性がお仕事をする時に勇気と自信を与えてくれる服をどうやって選ぶのか、その方法が書いてある本」です。

私もファッション本の通勤スタイルページを読んでは、仕事行くのにド派手プリントとか、マントやケープっていったい誰がどこで着るんだ…、と思っていたのね。

で、本当に使えるファッション本を書けるのは、これまでに8万5千人のアパレル販売員、スタイリストを指導してきた服飾戦略の第一人者のしぎはらひろ子さんしかいないと!

会議の時もしぎはらさんから共感する名言が溢れでていたので、編集さんがこの1冊の中にこれでもかとギュウギュウに詰め込んでいました。

例えば…

・無難な服では自分らしい人生を切り開けない

・服を従わせて働かせることこそが、成功を手に入れる最短距離

・捨てる基準を持つと、「もしかしたら着るかも」という「もしかしたらの未来」は来ないとわかる

・必要なのは「自分がいかに在りたいか」を明確にすることだけ


正直、今まで服を選ぶ時にそんな考えたこともなかったよねえ…。

もちろん、言いっぱなしではなく、じゃあどうすればいい?というところもしっかりフォロー。地方に住んでいる女子も「東京みたいなお店なんてないよ…」と悲しまなくても大丈夫。

だって、私たちには通販がある!

日本全国の働く女子の全員が賢くお買い物ができるように、上手な通販の使い方もぬかりなく入れておきましたぜ。

そんなこととは知らなかった、ファッションの基本の「き」から書いていますので、ぜひ女子に読んでほしいと思います。きっとファッションに対する認識が変わります。

※なお、これは仕事用の服の話なので、プライベートはジャージでもドレスでも何でも好きな服を着ればいいんですって。よかった(笑)



朝5秒の鏡の魔法 その無難な服では稼げません!
しぎはら ひろ子
講談社
売り上げランキング: 2,730

[PR]
by mitchyPR | 2014-09-10 11:12 | 本のこと

ビジネス書作家の朝倉真弓さんから『ストーリーでわかる! 今までで一番やさしい相続の本 (得する節税と相続トラブル回避法)』
をご献本いただきました。ありがとうございます!
ストーリーでわかる! 今までで一番やさしい相続の本 (得する節税と相続トラブル回避法)

平成27年1月1日から相続税が大増税となるので、相続はメディア大注目のコンテンツです。

私も一昨年、祖母と父が3ヶ月の間をおいて亡くなったのであちこちの役所をぐるぐる回りながらいろんな書類を集めました。

ネットで見て手続きってこんな感じかな?とは想像していましたが、実際にやってみるといちいち知らないことが勃発しまくり。

この本でロープレできてたらもうちょっとスムーズにできたはず…と読んだ後に思いました。。

本の内容は、誰もが知りたい節税の方法や、お約束の親戚との相続トラブル、さらにややこしい納税手続きがストーリー形式で紹介されています。

確かにこうした手続きは時系列で進めていくので、ストーリー形式がわかりやすくていいかも。

意外だったのは「父親が死んだ時、母親のへそくりも相続の対象となる」こと。

専業主婦のへそくりの原資は夫の収入と考えられますが、専業主婦の妻名義でも自分が働いたり、自分の親からの相続財産、自分の年金であれば相続の対象にはならない、とのこと。へー。

「知らなかったではすまされない!妻のへそくりが追徴課税の引き金に… 」ダイヤモンド・オンライン(2014年8月28日掲載)
http://diamond.jp/articles/-/58238

そして二次相続!

一次相続を「配偶者の控除」で乗り切っても、次の相続が控えているんですねえ。税金てほんとよく出来ているよ…。

「2015年の相続増税より本当に怖い話 もめるのは“母の相続”と遺産の「分け方」」東洋経済オンライン(2014年8月3日掲載)
http://toyokeizai.net/articles/-/44244

知っていると準備できるけど、知らないと予想外の出費が襲ってくる相続。死ぬ話なんて縁起でもない、とか言っている場合じゃありません。

関係者が元気なうちに読むべし!



[PR]
by mitchyPR | 2014-09-01 23:56 | 本のこと

『BIGtomorrow』の編集さんから最新号をご献本いただきました。
ありがとうございます!

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2014年 10月号 [雑誌]

BIGtomorrow 2014年10月号 No.412 目次
http://www.seishun.co.jp/big/15497/

データたっぷり、取材たっぷりでぜったいお買い得。

あなたはもう会社員じゃないからストレスないじゃん!と突っ込まれそうですが、読んでいてワクワクした特集は「ココ一番で結果を出す人の「型破り」な仕事習慣」。

商品カタログを見せずに紙しばいで商談アポ成功率85%の丸山さん、
エステーのCMで売上アップ更新中の鹿毛さん、
クックパッドへの提案が通らないのでクックパッドに1年限定入社しちゃう葉山さん、
コップのフチ子が驚異的大ヒットの古屋さん…

なんだそりゃ!?ってくらいの行動力の方々を見ていると不思議なことにこっちも元気が出てきます。

雑誌を読んで元気が出るというのもヘンかもしれないけど、情熱が伝わってきているんだなあきっと。

特別付録の「いまから身長があと3センチ伸びる 関節ストレッチ!」はこれからやってみる!

デスクワークしてると前かがみになって関節がつまって身長が縮むらしいですよ。

3センチ、のばすぜー!!



[PR]
by mitchyPR | 2014-08-27 15:50 | 本のこと

ここ数ヶ月、土日も何かと予定が入っていたのですが、やっと余裕ができたので積ん読になっていた『伝わっているか?』を読みました。

著者は小西利行さん。日産 セレナの「モノより思い出」やサントリー伊右衛門などのCMを手がけるコピーライターさんです。そして『伝え方が9割』が58万部を突破した佐々木圭一さんの兄弟子だそうです。

伝わっているか?

かわいい!本の帯が波型に切り抜かれている!!!

二丁目出身のモモコのお店「スナックいるか」を舞台に、相談者のお客さんと、なぜか常連になっているナゾのイルカ、という二人の会話のやりとりで話が進みます。まるでラジオドラマを聞いてるみたいに面白い。

極限まで研ぎ澄ましたキレッキレのコンテンツに、魅力的なとぼけたキャラクターたちが絶妙にマッチ。

「伝わる言葉」について作り方、使い方、考え方を説明し、コミュニケーションとはこの事だ!という1冊になっています。

私がめちゃくちゃタメになったのは「何もない過疎の村に、突如観光客が押し寄せた理由とは?」の章に出てきた「ひとコマ目標」メソッド。

「目標のイメージを「絵と台詞」で表現すると、目標がより具体的になって、わかりやすくなる。その「ひとコマ」を実現するにはどうするかを考えてアイデアを出すとうまくいくんだ。」

と、いうものです。

で、イメージに登場する人にマンガみたいに吹き出しをつける。さらに「あるない」メソッドをつけると…。

もうほんと、購入して読んで下さい。逆さに振っても出なかったアイデアの出し方が「あらっ?」てくらい急に理解できるようになるので。

あと、最後の方でイルカの正体がわかります。イルカ萌え必至です。モモコさんもかわいい♡



伝わっているか?
伝わっているか?
posted with amazlet at 14.08.04
小西利行
宣伝会議
売り上げランキング: 345

[PR]
by mitchyPR | 2014-08-04 11:47 | 本のこと

才能開発コンサルタントの北端康良さんの新刊が出ました。

才能が9割 3つの質問であなたは目覚める

『才能が9割 3つの質問であなたは目覚める』です。

北端さんのコンサルティングそのまま、「3つの質問」で才能を引き出す「才能プロファイリング」が本になってます。

キャー!自分の才能が何なのか知りたーい!

…という、占いレベルの好奇心(失礼)で手に取りましたが、本を読んでいて思ったのは才能に気がつかないと、やりがいのない仕事をしながらつまらない人生を送ってしまう可能性があるということ。

怖い。超怖い。そんな人生だけはイヤー!

「才能とは「感情×行動×能力」。
だから能力(スキル)だけを磨いても成功しない。」

と、北端さんは言います。

とは言うものの、いったいどうすりゃいいの…という人は「なぜ能力が生まれるのか」というところからきっちり説明してくれるこの本を読むべし。

さらに自分の才能を磨く行動習慣、自分の才能をお金に変える方法も教えてくれます。

毎日がつまんない…と思っている人がこの本を読んだら、本気で働き方が変わるかもしれない恐ろしい力を秘めた本です。

自分の武器って何なんだろう、と悩んでいる人はビビりながら読んでみてください。

そして自分がほんとうにやるべきこと、いるべき場所を見つけて幸せになってください。


才能が9割 3つの質問であなたは目覚める
北端康良
経済界
売り上げランキング: 241

[PR]
by mitchyPR | 2014-07-29 19:29 | 本のこと

祥伝社の萩原さんから「後輩が作りました」と『迷子の星座たち』をご献本をいただきました。ありがとうございます。




か、かわいいイラスト!

…と思ったら、イラストレーターは坂崎千春さん。Suicaペンギンや「カクカク・シカジカ」の方です。

読切小説誌の「Feel Love (フィールラブ)」に掲載されていたものと、webに公開されているものと、書きおろしも2本。

十二星座の12人の女の子たちが、恋に仕事に自分のことに、それぞれ悩む日常のストーリーがマンガとエッセイで書かれてます。

失恋して落ち込んだり、恋の芽生えを感じてドキドキしたり、好きな男子にたいしてまるでストーカーみたいになってみたり、刺しゅうをすることにときめいてみたり。

ああ、なんかこういう気持ちって20代のころは毎日感じていた(ような気がする)のにすっかり忘れていたぞ…。

女の子なら多少なりとも星占いに興味があると思うので、自分の星座を見たり、身近な人を思って「あるある」と納得してみたり、あの人はこんなところがあるから何座かなあ…などと思いを巡らすのもまたよし。

すぐ読み終わってしまうけど、でも手元に置いて何度も繰り返して読んでしまうキュートな本です。

私はハムスターのハムリン(いて座?)がいちばん似ていたかな。



迷子の星座たち
迷子の星座たち
posted with amazlet at 14.07.24
坂崎千春
祥伝社
売り上げランキング: 129,882

[PR]
by mitchyPR | 2014-07-24 09:27 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子