編集者の藤代勇人さんから『上海、かたつむりの家』(プレジデント社)のパイロット版をいただきました。ありがとうございます!

実はお盆前に頂いていておりまして、8月30日の発売をひたすら待っておりました。
b0207972_9173113.jpg

表紙に「日中国交正常化40周年記念出版」と書いてあったから政治とか外交とかの難しい話だったらどうしよう…とビクビクしていたのは内緒(笑)現代中国のベストセラー小説です。

初版は2007年なので、中国の平均GDP成長率が11.4%(IMF発表値)というむちゃくちゃ勢いのある時期に書かれた本ですね。日本でいうと1950年代半ばから70年代前半にかけての高度経済成長期よりも勢いのある数値です。(バブル全盛期の1988年でさえ、経済成長率は6%ぐらい。)

そんな背景が関係あるのかないのか、内容は懐かしの「トレンディドラマ」を彷彿とさせ超おもしろい!かつてフジテレビで放送された人気ドラマ『もう誰も愛さない』が「ジェットコースタードラマ」と呼ばれましたがそんな感じでハラハラドキドキしながら一気に読んでしまいました。ラストシーンはMAX盛り上がったところで…あああ、言えないです!!

この本の出版版権エージェントのクリーク・アンド・リバー社 代表取締役社長 井川 幸広氏とお話しをさせていただいたことがあるのですが、もっと日本の出版物を中国に紹介し、中国の出版物を日本に紹介したいとおっしゃられておりました。

『上海、かたつむりの家』クリーク・アンド・リバー社のリリース
http://www.cri.co.jp/news/press_release/2012/20120823000485.html

こんな面白い小説がたくさん読めるなら大歓迎!

電車に乗りながら読んでいると、思わず乗り過ごしちゃうので気をつけてくださいね。
[PR]
by mitchyPR | 2012-08-31 09:27 | 本のこと

献本御礼。

編集の萩原貞臣さんから『ファーストクラスで学んだひとつ上のおもてなし』(祥伝社)をお送りいただきました。ありがとうございます!
b0207972_15413960.jpg

近頃、JAL再上場のニュースが話題ですが、航空業界復調の兆しかJALもANAも客室乗務員の募集を行なっているようです。既卒受験のエントリーも始まるので、キャビンアテンダント(以下CA)希望の方は今がチャンスみたいですよ。(エアライン就職支援「ストラッセ東京」主宰 古澤有可さん情報)

そしてビジネス書でCAといえばこの方、美月あきこさんです。実際にお会いしたことはないのですが、お美しい方なのでどの媒体でもよくお見かけします。最新刊『ファーストクラスで学んだひとつ上のおもてなし』が出版され、『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』はいよいよシリーズ累計で15万部だそうです。

私はファーストクラスに乗ったことが無いのでまるで未知なる領域なのですが、この本を読むとCAが何を考えながらお客様と接しているのかが手に取るようにわかります。

面白かったのは「サービス」と「ホスピタリティ」と「おもてなし」の違いについて。

「サービス」は顧客との約束で期待に応えるもの、「ホスピタリティ」は困りごとをやさしい気持ちで解決していくもの、「おもてなし」は禅の精神につながる日本人ならではの感性の表れでマニュアルでは対応できないもの、だそうです。B to Cのお仕事に就かれている方は参考になるかと思います。

飛行機の小ネタも満載ですので、この本を読んでから旅に、出張に行かれると楽しさが増えるかもしれませんね。
[PR]
by mitchyPR | 2012-08-03 15:30 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子