<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

私が世界一尊敬する社長…それはトニー・スターク!

昨日はラゾーナ川崎の中にある109シネマズ川崎で「アイアンマン3」を見てきました。
b0207972_1213350.jpg

キャー!社長、かっこいいいです!!

あっ、違う違う。PRの話でした。
これは日本に3体しかないアイアンマンのフィギュアの一つだそうです。映画館の入口にあって、どの映画を見に来た人でも自由に記念撮影ができます。

実際、こどもが同じポーズをしてお父さんに写真を撮ってもらったり、アイアンマンファンがいろんな角度から激写していました。撮影したら人に見せたくなるので、ブログやSNSや趣味のサイトに掲載することでしょう。

そう!これも口コミを広げるPRなんです。

パーティーやイベントも、こうしたアイコンを置いて、自由な撮影スペースを作ればみんなそこに吸い寄せられるようにデジカメや携帯、スマホで撮りはじめます。

今回はフィギュアでしたが、ディスプレイ次第でそれこそ本もアリ。

暇人速報 【画像あり】本屋の「タワー積み」とか「スパイラル積み」って本が痛むだろ 商品で遊ぶなよ
http://himasoku1123.blogspot.jp/2013/04/blog-post_2843.html

人は人の集まるところ、勢いがあるところに集まるから、こんなにすごかった!楽しかった!というネタを作ってあげることが重要です。

映画の方は「さらば――アイアンマン。」と言うだけあって、最後はちょっとしんみり。でもあいかわらずの面白さなのでオススメです!

ちなみに2014年2月は「マイティ・ソー」の予定。こちらも女性ファンでキャー!ということになりそう…。
Thor: The Dark World trailer UK -- Official Marvel | HD - YouTube
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-30 12:25 | イベントのこと

ミッチーの書店まわり

今日はミッチーお手製のPOPを書店さんにお渡しするため、横浜・川崎方面の書店めぐりをしてきました。

いやー、久しぶりにガンガンまわってみたら全体のPOPの数が全体的にちょっと減ったような。そして手書きのものより出版社さんで印刷されたものが増えたような。※個人の感想であり、見た感じ等には個人差があります。

どこの書店員さんも「担当の棚ではないけど、そこの担当に渡しておきますね」というように感じ良く対応して頂いて本当にありがたいです。

…でも、でも、1店舗だけ「私関係ないので」とのたまった、いいお年の店員さんがいらっしゃったのですよ…。

「名刺とPOPは台車の上に置いておいてください」とも。忙しいのを差し引いても名刺を台車には失礼でしょ、と思うんだけどね。

これが逆に、感じ良く(いや、普通にでも)応対してくれていたなら、ちょうど欲しかった本もあったので絶対にそこで買っていたと思う。でもミッチーはすっかりスネてしまったのですぐに退散しました。

店員さんの情熱からベストセラーが生まれたり、やる気の無さから本を売り逃してしまったり。

良いパターンと悪いパターンの分岐も、きっかけはほんの些細なことだとは思うのですが、なかなか難しいものですねえ…。
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-27 02:43 | くだらないこと

おみやげはPRの場

今日は渋谷で打ち合わせ。

著者さんからおみやげを頂きました。いつもお気遣いいただき恐縮です!
b0207972_19523125.jpg

おみやげも自己PRの一つだから、いつも何がいいのか悩みます。オフィスか個人宅か、大人数かひとり用なのか。甘いのが好きなのかしょっぱいのが好きなのか…。こうやって悩むのもちょっと楽しいひと時だったりするんですけどね。

会社員時代、月に1回、地方から営業さんが来ていたのですが、いつも同じ土地の銘菓を持ってきてくれました。しまいには挨拶をしなくても、そのお菓子があるだけで「あの人が来ていたんだー」というまでになりました。

これは立派なPR戦略。そのお菓子を見ると未だに営業さんの顔を思い出します。

今回頂いたのは成城石井の「タント 和三盆のポルボローネ」

パソコンに向かっているとき、疲れたら2~3粒つまんでみて、とのこと。

疲れていないけど早速頂いてます。美味しい~!
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-25 20:03 | イベントのこと

4媒体+Web+?

東急沿線の地域情報を発信しているケーブルテレビの「iTSCOM(イッツコム)」さんにリリースを送ったら、ゴールデンウィークのお出かけ情報の紹介枠はいっぱいとのこと。。

でも、先方のお気遣いでデータ放送でイベント紹介を頂けることになりました。4媒体+Webの他に、データ放送という手があったとは!
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120301/384099/

これは盲点でした。このあいだ「めざましじゃんけん」もしたのに…。

まだまだこうした新しい媒体っていっぱいあるのかもなあ。
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-24 18:53 | イベントのこと

「石川アーキテクチャツーリズム」の冊子が届きましたー。
b0207972_23241951.jpg

この冊子は、石川県と石川県観光連盟が発行したもので、「アーキテクチャツーリズム」(建築観光)をPRするためのものです。ガイドブックは2万部、DVDは700枚を制作したそうです。

「石川県と石川県観光連盟、「アーキテクチャツーリズム」(建築観光)を紹介するガイドブックとDVDを作成 石川県金沢市」
http://yutosoken.com/2013/04/post_1557.html

石川県はこうした地元メディアがとても元気で、石川、富山、福井の3県でしか売っていない1998年創刊のタウン情報雑誌「月刊金澤」があります。
http://www.k-club.co.jp/kanazawa/newbook.html

若い人むけには文化誌「月刊Clubism(クラビズム)」ね。5月号は前田敦子さんが表紙。(特集「能登ベストヒット」が気になる…。)
http://www.k-club.co.jp/clubism/

地元の情報が充実しているので、金澤に行くたびに購入しています。

また、この2誌の出版社であり、広告代理店でもある株式会社金沢倶楽部は、石川テレビ、前田印刷と共同で「ZAZI(ザジ)」というネットマガジンを運営しています。
http://www.zazi.jp/

と、いうことは雑誌で取り上げた情報の評判がよければ、石川テレビから取材がくるかもしれません。

地元に住んでいると、こうした雑誌って誰が読むんだろうと思いがちですが、実は故郷を離れた人や観光で訪れた人が読んでいます。そして、テレビもこうした地元紙から情報を得ているのです。

PRは身近なとこから、コツコツと。

いやほんとに。
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-23 23:38 | イベントのこと

今月の東京女子書評部は、渋谷ヒカリエ11階の「THE THEATRE TEABLE(シアターテーブル)」で開催。ソファ席でゆったりー。
b0207972_17212288.jpg

ケーキを食べる部員たち。香織ちゃんは遅刻なり。。
b0207972_17213959.jpg

b0207972_1722491.jpg

フードプロデュースはミシュランの一つ星獲得のイタリアンレストラン「アロマフレスカ」の原田慎次シェフ。

大人気すぎてケーキセットは4種類のうち3種類が売り切れでした。土曜日だったからというのもあると思うけどすごいね!

さて、今回の課題本は加藤千恵さんの『あかねさす――新古今恋物語』(河出書房新社)

何を隠そう、ミッチー暴走回です。あとで公式ブログに掲載されると思います。

あと、部員全員で短歌も読んでみましたよ。

31文字の中にフリースタイルな楽しさがあって、思わず『月刊短歌』にも投稿しようかと。
http://www.kadokawagakugei.com/zasshi/tanka/

「NHK短歌」もいいですね。
http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/tanka_oubo/

ナウでヤングなあなたには「短歌de胸キュン」もあるよ☆
http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/munekyun/
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-22 17:25

久しぶりに2009年度版の「広報マスコミハンドブック」を引き出してみたら、やっぱり情報が古い。まあ、いいかと思ってずっと買っていなかった自分が悪いのですが。

このハンドブックは毎年、日本パブリック・リレーションズ協会から出しているのもので、

内容は2013年度版だと
http://www.prsj.or.jp/2012/11/16/newsrelease_pr_handbook.html

2013年のキーワード
広報業務チェッリスト
主要メディア連絡先一覧
記者クラブ
官公庁・各種団体
ホール・イベント会場
PR・IR用語ミニ辞典
「PR」の解説
PR関連団体
企業の文化施設
2013年記念日カレンダーなど

となっております。 価格は1部1,800円(税込)

私は「リリース、どこに送ろっかなー」という時にパラパラめくったりします。もちろん広報・PR担当じゃなくても誰でも購入出来ます。

毎年11月に新しい年度のものが出るんだけど、もう少しで5月。半年待てば新しいものが手に入る…。

うーん、とっても中途半端な時期に気がついちゃったぞ。
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-20 04:22

月間1億PV

今日はレッツエンジョイ東京さんとお打ち合わせ。
http://www.enjoytokyo.jp/
b0207972_1335381.jpg

なんと月間1億PVもあるんですって!!

季節の特集に力をいれたことと、スマホからのアクセスがとにかく伸びているとのこと。確かにお出かけ情報にぴったり。

ということで、昨年210万アクセスの実績を持ち、2013年もさらにPVが伸びそうなGW特集をどうぞー!
http://gw.enjoytokyo.jp/
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-19 01:40 | くだらないこと

昨日からダッシュで作っていたリリースが配信され一安心。

何を作っていたかというと、コレ。

【日本初開催】 日本一大きなラテンフェス「シンコ・デ・マヨ・ジャパン 2013」
南北アメリカの国々が、代々木公園 野外音楽堂・イベント広場に勢揃い。ダンス、ミュージック、ドリンク、フードで「アメリカス・セレブレーション」を楽しもう!5月3日(金・祝日)、5月4日(土)開催

公式サイト: http://www.cincodemayo.jp/
b0207972_18142971.jpg

海外のことはまったく疎いのですが、「シンコ・デ・マヨ」ってアメリカではオバマ大統領もスピーチするほどメジャーなお祭りなんですね。

「President Obama Speaks at a Cinco de Mayo Reception」
http://www.youtube.com/watch?v=clhQ_Qg9Usk

元々はメキシコの一部の州のお祭りだったのですが、今ではアメリカをはじめカナダ、ケイマン諸島、マルタでもそれぞれの「シンコ・デ・マヨ」をしているみたいです。

でも、祝日ではないので、日本で言うとハロウィンのような民族を超えたお祭りって感じかな。

まじめに説明すると以下の通り。

【「シンコ・デ・マヨ」とは?】
Cinco de Mayoとはスペイン語で5月5日の意味。メキシコのプエブラ州で「プエブラの会戦」の戦勝記念としてお祝いされている日です。このセレモニーがメキシカンアメリカン達によって、アメリカで最も大きなイベントの一つとなり、今では世界各地で行われ、何十万もの人々に楽しまれています。日本版「シンコ・デ・マヨ」はアメリカとメキシコを中心に、北はカナダから南はチリまでアメリカ大陸全土のカルチャーを伝えるお祭りとして今年からスタートします。

えー、一言で申しますと、ダンス、ミュージック、ドリンク、フードで「アメリカス・セレブレーション」を楽しもうぜ!ということ。

実は今から19年前の1994年、ココスのレストラン「メキシカンレストラン・エルトリート」で「シンコ・デ・マイヨ」フェアをやっていたのですよ。先見の明がありすぎ。
http://news.nissyoku.co.jp/Contents/urn/newsml/nissyoku.co.jp/19940429/nss-7696-0028/1

今年はやっていないようなので、ぜひ来年に期待ですねえ。

と、いうことでGWの5月3日(金・祝日)、5月4日(土)の2日間は代々木公園に集合。子供向けの「ピニャータ」(日本のスイカ割りのくす玉版)というゲームもありますので家族揃っておいでませ。

メキシコ料理、ペルー料理、ブラジル料理、アメリカ料理、チリ料理、キューバ料理、各200円~1000円程度(平均500円)もあるよ。

私もフローズンマルガリータを楽しみに参ります。

gracias!
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-17 18:32 | くだらないこと

いつもは本のPRをしていますが、今日は珍しくイベント系のリリースを書いていました。

音楽あり、ダンスあり、料理あり、アルコールもあり…。

何を売りにしようか、どこに送ろうか、あれこれ考えているとあっという間に時間が迫ってきますね。

で、今回はテレビの取材も来てほしいイベントなので、あの本を…。

じゃーん。

『テレビで売り上げ100倍にする私の方法』(講談社)です。
テレビで売り上げ100倍にする私の方法 (講談社BIZ)

テレビ向けのリリースを書く時に大切なことが、この1冊にギュギュッと詰め込まれていて、2009年の出版ですが私は今も現役で使いまくりです。

この本がなぜこんなにも使える1冊なのかというと、著者の野呂エイシロウさんが現役の放送作家でありながらPRコンサルタントだから。

つまり、野呂さんは情報を受け取る側であり、発信する側でもあるので、番組の制作担当者にはどんな言葉が響くのか、番組によってどのように切り口を変えればいいのか熟知をされているのです。

例えば、「日本一の法則」。テレビはなんでも「一番」が好きという法則です。

「日本一ナントカなカントカ」というフォーマットは確かによく見ますね。

試しにGoogleで「日本一 番組 2013年 4月16日」を検索してみましょう。

すると…

「春マツタケの初競り 1キロ200万円に!(熊本県)」日本テレビ「NEWS ZERO」2013年4月16日放送
http://news24.jp/nnn/news89056574.html

ほらでた!「日本一早い「春マツタケ」が~」って言っていますね。

新番組でも…

「茨城日本一ドライブ」BSジャパン「ドラGO!」2013年4月16日放送
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/14472_201304162324.html

こちらもズバリ「リニューアル第1弾!大好評企画『都道府県別・日本一巡り』。」とのこと。

テレビの取材にきてもらいたいなら、この本は読んでおいて損はないと思います。Amazonではもう新品がないようですが、マーケットプレイスでぜひ手に入れるべし。

広報・PRの担当者はもちろん、うちにテレビが取材にこないかなーって思っている人はとってもお役立ちの1冊になると思います。
[PR]
by mitchyPR | 2013-04-17 01:06 | 本のこと

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子