<   2014年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今日は「ELIES MEDIA HOUSE」のスタジオで著者さんのプロフィール写真撮影立会。

「ELIES MEDIA HOUSE」って、つまり前に勤務していたエリエス・ブック・コンサルティングです。新社屋に移転したのが昨年の話なので、残念ながら私は新しいオフィスを使ってないんですねえ。
b0207972_195111.jpg

スタジオやセミナールームは会員だけが使えるのですが、社長の土井英司さんに元社員特権(?)でお貸しいただきました。感謝感謝。
b0207972_1951469.jpg

地下2階は最初からスタジオとして作られているので光のまわり方がとてもキレイ。無理にライトをガンガン当てなくてもいいですし。
b0207972_1951341.jpg

撮影される著者さんには「お腹引っ込ませて!」とか「首を伸ばして!」とか2時間注文をつけっぱなしだったので申し訳なかったのですが頑張っていただいた分、いい写真が撮れたと思います。

面白かったのは、その方が何も持たずに撮影した時と、小道具としてマイクを持って頂いたときのお顔が違ったこと!

講師のお仕事をされているのでマイクが本当にしっくりくるし、これまで見られなかった自信に満ち溢れたお顔にがらっと変わったので、ちょっとびっくりするくらいでした。

それ以降の撮影もスムーズにすすんだので、自信を持つってやっぱり大事なことですね。

なぜか私のクライアントは写真が苦手な人が多いです。(得意な人なんて少ないか!)でもカメラマンの上重泰秀さんにかかると最後は「楽しかった」とおっしゃって下さいます。ほんと上重マジックです。

いやー、とにかくいい写真が撮れてよかったよかった。

公式プロフィールで使っていただけるのが楽しみです。




20代で人生の年収は9割決まる
土井 英司
大和書房
売り上げランキング: 16,657

[PR]
by mitchyPR | 2014-01-31 19:15 | イベントのこと

昨日は「笠井裕予出版イベント企画」に参加してきました。
https://www.facebook.com/hiroyo.kasai/posts/673391466044626?stream_ref=10

初の出版記念講演ということで経済界からは大きなアレンジメントが!
b0207972_1955889.jpg

痛み改善ドクター 富永喜代さんからは青いバラの花束が!
b0207972_1955978.jpg

そして仙台のI税理士は、萩の月を手土産にグランクラスに乗って東京まで日帰りで駆けつけるという!

笠井さん、人徳ありますねえ。
b0207972_19551322.jpg

講演の内容ですが、笠井さんからはもちろん『成功したい女(ひと)は、「結婚」を捨てなさい』のここだけのプレミアムなお話と女性の自立について、そしてイマジンプラスの笹川社長、笠井さんの上司で年収1億円思考の江上治さんも加わり、人生に必要なとても大事なお話を聞かせていただきました。
b0207972_2023786.jpg

その後の懇親会も盛り上がり、セミナーで笹川社長がおっしゃっていた「出会いをご縁に」という言葉が本当に沁み入ったのであります。

使命とは「命を使うこと」、江上さんのお言葉も胸にお仕事がんばろう、とリフレッシュした1日でした。

特別ショット 笠井さんと笹川社長の打ち合わせ風景
b0207972_1955111.jpg





[PR]
by mitchyPR | 2014-01-30 20:04 | くだらないこと

ネットでメディアキャラバンできる『Pub Match』というサービスがあるのですが、メディアからの案件募集で多いなあと思うのがプレゼントパブとロケ場所の募集。

プレゼントパブは、視聴者プレゼントや読者プレゼントなので分かります。

それと同じくらいテレビや雑誌関係者がいつも探しているのが実は撮影場所。

「東京アンテナマガジン」というテレビ関係者向けのwebサイト&フリーペーパーもあります。
http://antenna-magazine.com/

ただし、デメリットは

・撮影中はそこの場所が使えなくなる(当日、お店はお客さんを入れられないので売上が立たない。工場だったら生産ラインが止まる)
・今日の今日という急ぎの案件もある

メリットは
・撮影協力で名前がクレジットされる(かも)
・撮影されるほど素敵な場所、とお客様に思ってもらえる

ですかねー。

お正月に石和温泉のホテルふじという宿に泊まってきたのですが、テレビ東京 「 温泉女将ふたりの事件簿 3 」にホテルふじが登場します!と、館内に案内がされていました。

調べてみたらこの番組の他にも積極的にロケに協力されていて、PRがうまいなあと感心。

ホテルふじ 公式サイト
http://www.hotel-fuji.jp/news/
(ここはオススメ。バイキングの満足度がとっても高い!)

ご自身のオフィスや店舗、工場など撮影に使っていいですよ、という方がいらっしゃったらロケに協力されるのもアリですね!


るるぶ山梨 富士五湖 勝沼 清里 甲府'14~'15 (国内シリーズ)

ジェイティビィパブリッシング (2014-01-16)
売り上げランキング: 34,378

[PR]
by mitchyPR | 2014-01-29 10:15 | イベントのこと

最近は今年の春夏秋イベントの打ち合わせなんかをぼちぼち進めています。

昨年は時間が無かったり、初めての開催だったりして雑誌までアプローチできませんでした。

特に季刊誌が取材のタイミングに間に合わなかったんだよねえ…。

「季節限定ぴあ」とか、
早春ぴあ 首都圏版 (ぴあMOOK)

「ウォーカームック」の季節版とか。
ウォーカームック  冬ウォーカー首都圏版2014  61805‐11 (ウォーカームック 406)

でも今年は違います。時間も、開催実績も、写真もいっぱいあります。

で、取材をよろしくお願いします! と、気合を入れて各社にアプローチしているのですが、どうしてもつながれない1社が…。

これは誰かに編集者を紹介してもらおうかしら、と思っていた矢先、運良く編プロさんの方からご連絡が。

わーい!やったー!ちょーラッキー!!

で、済ませてはいけませんね。

なぜ連絡をもらえたかを考えると「今年のイベント開催情報を公式サイトにアップしたから」でした。

まだ細かいところまでオープンにできないのであれば、日程だけでもOK。「いつ、どこで、開催する」だけでも立派な情報です。

メディアの方は皆さんが思っている以上にネットで情報を探しているので、こまめに情報をアップしていると何かいいことがあるかもしれませんね。


散歩の達人 2014年 02月号 [雑誌]

交通新聞社 (2014-01-21)

[PR]
by mitchyPR | 2014-01-28 18:09 | イベントのこと

2014年最初の東京女子書評部は「Vouς+akasaka(ヌープラス赤坂)」で開催。

ここは時間制/月額制のコワーキングスペースで、赤坂駅徒歩5分なのにリーズナブル。で、撮影もできるしオシャレだし、とっても穴場の貸会議室なのです。

姉妹店舗の「Vouς+ 見附スタジオ(ヌープラス 見附スタジオ )」はビデオスタジオでクロマキー撮影もできるとか! いずれ、東京女子書評部も動画でも配信したいですねえ…。

さて、今月は私の担当だったので『永遠の0』を選んでみました。

永遠の0 (講談社文庫)

書評部のメンバー5人のうち3人がすでに映画を見ていたので、盛り上がるかなあと心配していたのですが、逆に原作と映画の違いとか、映画→本→映画で2回見ちゃおうかなとか、実は祖父が特攻隊員だったなど話題が広がりました。

【オリコン】『永遠の0』累積売上376.5万部 『ONE PICE』抜き歴代1位(2014年01月23日配信 オリコンスタイル)
http://news.goo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2033249.html

岡田准一主演『永遠の0』が「V6」達成 (2014年01月27日配信 オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/2033406/full/

本も映画もヒットって素晴らしい!新年早々景気がいい話でした。

そして、新年会会場の「しゃぶしゃぶ温野菜」へ。
b0207972_18454440.jpg

ああ、情けないことに写真がボケボケ…。

仕事で遅れた2名も途中で合流してたくさん食べてきました!美味しかったよー。

ランチのアッコちゃん
柚木 麻子
双葉社
売り上げランキング: 971

[PR]
by mitchyPR | 2014-01-27 18:46

ざざーっとネットを巡回していたら面白い記事がTechCrunchにありました。

「私のクラウドファンディング出版プロジェクト、中間報告―いちばん有効だったのは意外にもメール」(2014年1月24日配信)
http://jp.techcrunch.com/2014/01/24/20140123the-mytro-project-by-the-numbers/

出版と入っていますが、本を買ってもらう方法ではなくて、本を書くためのクラウドファンディングの事例です。若干の違いはあるのですが大勢に影響はないでしょう。(たぶん)

細かいところはリンク先を読んで頂くこととして、要約すると

・メールは集金に効果があった。
・SNSは話題作りに効果があったが、集金には効果がなかった。

ということです。

経験則ではなんとなく分かっていても、SNSだけではビジネスにつながらないことがデータで明らかになりました。これはとても意義がある調査です。

(Facebookの「いいね!」自動化ツール(もちろん友達も自動でリクエストを送信)はあるし、Twitterのbot作成システムも「活気がありにぎやか」なんて紹介されちゃうんだからアタマが痛い)

その他、「有益な助言だとは思ったが、私がする勇気がなかったのが「すでに予約した支援者にもっとオプションを勧める」ことだった。」と書いてあります。

外人メンタリティでもハードルが高いというのがちょっと意外。洋物のビジネス書では度々見かけた作戦のような気がしたので。
(もちろん、私も無理です。)

この方、他のセールス努力としてビデオを作ったと書いています。

関連して気になった記事として

日本でもブレークの兆し、顔出し動画ブログの威力 (徳力基彦) (日経MJ2014年1月24日付)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGF1005B_X10C14A1H1EA00/

があります。

ビデオブロガーが商品レビューしたら売れるんだろうか、広告と言ったら嫌われないだろうか、黙っていてステマ炎上騒ぎにはならんだろうか…とあれこれ心配になるので、実際やるとしたらけっこう準備するかも。

商材を本でやったら?媒体をテレビでやったら?と考えたんだけど、それってただの「王様のブランチ」じゃないか!

ということでメール(メルマガ含む)の良さが改めて見直され、動画の未来も明るいようなので、著者のみなさんは面倒と言わず選択肢の一つとしてぜひ考えてみてください。


まんがでわかる7つの習慣

宝島社
売り上げランキング: 11

[PR]
by mitchyPR | 2014-01-24 18:25 | イベントのこと

今日はソノリテ会の「紙をなくして神が下りてきた!ペーパーレスで職場をすっきり業務効率向上」に参加してきます。

紙は正直、たくさん使います。

印刷して放置することも多々ありますので、どうしたら印刷しないでいいようになるのか、ヒントをもらおうっと。

今回の講師はサイボウズとダンクソフトの2社で働く中村龍太さん。(ちなみに元NEC→マイクロソフト)経歴には2社同時転職と書いてあります。なんなんですかね!?

デジタル ビジネス プロデューサー 中村 龍太 公式ブログ
「二重就労ってできる?」
http://ryutanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

2社の社長に了解をもらい、サイボウズは雇用契約、ダンクソフトは委託契約、つまり正社員と個人事業主の二重就労とか新しすぎる…。

働き方の提案本はいっぱいあるけれど、これまでにまったく例のない働き方にびっくりです。

2社の社長さんもすごく理解があって面白い。

サイボウズが就業規則に副業を認めていることでこうした働き方ができるそうなのですが、新しい働き方を「いいよ」って、軽々実現させてしまう組織ってすごいんじゃないかな。

独立起業もいいけれど、今の時代いろんな働き方ができるんだよという雑誌の特集、どこかやってほしいなー。

それで救われる人もたくさんいると思うんだ!




君に友だちはいらない
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 267

[PR]
by mitchyPR | 2014-01-23 16:13

今日は歴史あるクリッピングサービス会社で打ち合わせ。

クリッピングサービス会社とは、キーワードやテーマに関連する新聞や雑誌などの記事を切り抜き、送ってくれるサービスを提供してくれる会社です。

そこでは、朝刊の内容をまとめたものを送ってほしいという、官公庁の利用が多いとのこと。確かに何紙も横断的に目に通すと時間がかかるので、テーマにそって情報をまとめてもらうのはとっても便利。

オフィスでは新聞や雑誌をたくさんのスタッフたちが選別して切り抜いていた!…って、当たり前なんだけど、記事を「探す」「切る」「貼る」という超超アナログ作業が生き残っていたのが何だか新鮮な気がしました。

これまでヤマモト・ピーアールでは掲載媒体の広告価値換算はしていなかったのですが、これからはオプションで付けられますよ。(これまで担当したイベント実績で計算すると、だいたい1件が数千万から1億オーバーな価値になりました。)

さて、新聞・雑誌は計算のためのノウハウの蓄積があるのですが、困るのが新しい媒体であるweb。

バナー広告料金で計算するのか、サイト種類ごとに金額設定するのか、SEO観点で計算するのか、その手法はメリットもデメリットもあり、計算式は各社バラバラですが、ここではUU(ユニークユーザー)を元に、どのように記事が扱われたかも加味して広告換算しています。

ただし、webの中でも計算できるのはニュースサイトで、最近人気のまとめサイトや企業サイトのブログは価値の設定がしづらく、今のところは都度ご相談となります。(口コミサイトはまた別コースとなります)

せっかくメディアに掲載されたら、どれくらいの効果があったか金額で見たいですもんね。

テレビ、ラジオ、過去記事もOKですので、露出が気になったらお気軽にご相談下さいませ。
[PR]
by mitchyPR | 2014-01-22 21:15 | イベントのこと

テレビ朝日の「スペシャルサタデー」(1/18放送)で「林修先生の今やる!ハイスクール」の『SP作家・百田尚樹と対決!ベストセラーの作り方講座』が再放送されていました。

最初の放送は 2013年12月13日だったのですが、すっかり見逃していたのでラッキー!

内容については価格.comのテレビ紹介情報に簡潔にまとめてあるのでご参考まで。

「林修先生の今やる!ハイスクール」2013年12月13日(金)放送内容
http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=40991/episodeID=688137/

本の流通の話は分かりやすくてよかったですね。取次や委託販売制度など、著者になりたい方は必須の知識でした。

番組では計算しやすいように印税は10%になっていましたが、いまのご時世、ビジネス書、実用書とも実際はこれより低め。文芸は10%なのかな?今度、編集者さんに聞いてみよう。

百田さんが「本を書くより営業の方が多い」と言ってましたが、これは本当だと思う。

私は「書店に本が並べば売れる」と思っていましたが、そんなこと無いです。ぜんぜん売れないです。売れないどころか何もしなかったら店頭に並べてもらえるかどうかも怪しいところです。

勝間和代さんがなぜブレイクしたかというと、編集者と営業担当を巻き込んでチームを作り、当時珍しかった書店まわりをしてサイン入りPOPを書いたりしたからですね。

以前に佐藤優さんのコラムのことを書きましたが、佐藤さんをご担当された編集者さんに直接聞いたら、サイン本など売ることについての活動はいつもご快諾をされ、すぐにやってくれるとのことでした。

※サイン本については著名人だからこそ使えるワザ。新人さんでも売るために協力できることはいっぱいあります。

つまり、

1.本の力
2.著者の情熱
3.編集者、営業担当の情熱
4.書店員さんの情熱

これが揃って時の運も味方になってくれた時に、大ベストセラーになるのでしょう。

じゃあ、私がやっている本のPRは何をするのかというと、これらのブースト役です。熱量を増大させたり、効率よく燃費を向上させたり、とかそんなイメージです。

知識がなかったため、何も手を打たず、処女作が売れなかった著者は悲惨です。

売れない人のレッテルを貼られてしまい、何かとんでもないミラクルが起きないと2作目のチャンスはありません。

本の売れ行きはパブラインなどの販売データでリアルタイムでわかってしまいます。売れてないランキングなどの悲しいデータもあります。

パブラインで編集者さんが何を見て、何を考えるのかはこのブログの記事が分かりやすい
「神保町の9階で働く編集者の日記」
http://hagihara3845.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-66b6.html

特に最近はこの傾向が強まっていて、売れる人には何社からもオファーが来るし、そうじゃない人は企画すら通らない、ということになっています。いやーん。

みんなが知ったら売れるのに!という本も世の中にはたくさんありますので、1冊でも多く世の中に知ってもらえたらなあと思いながら仕事してます。

なんというか、とりとめないですが、まあそんな感じです。


永遠の0 (講談社文庫)
永遠の0 (講談社文庫)
posted with amazlet at 14.01.21
百田 尚樹
講談社
売り上げランキング: 2

[PR]
by mitchyPR | 2014-01-21 12:13 | イベントのこと

先週の日曜日はメコン総合研究所2014年新年会及び「ミャンマー祭り2014」実行委員会に参加してきました。

品川区御殿山のミャンマー大使館へ。ご存知の通り大使館の敷地は本国の領土と同じ扱いなので、日帰りミャンマー旅行に行ってきたことになるのかな。

安部首相の奥さま、昭恵夫人も実行委員会にご参加されました。
b0207972_020841.jpg


Facebookでミッチーを探せ!

「ミャンマー大使館にて新年会。今年もミャンマー祭りを開催することになりました。」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152205313761779&set=a.10150692506851779.447770.698041778&type=3&theater

正解は前列の左から4人目。民族衣装を着たミャンマーの女性がとっても美しかったです。

「ミャンマー祭り2014」は、10月18日(土)~19日(日)の2日間で開催しますので、予定を空けて楽しみにしていてくださいね。



D24 地球の歩き方 ミャンマー 2013~2014

ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13,680

[PR]
by mitchyPR | 2014-01-21 00:21

ヤマモト・ピーアール 水牧美智子